information

はじめまして!
当「合鍵物語」は、合鍵にまつわるたくさんの特別な思い出を集めたサイトです。
両親共働きで鍵っ子だった思い出、彼から初めてもらった鍵、などなど!とっておきのエピソードがいっぱい。
合鍵は複製できても、思い出は複製できないのです。ぜひ一話ずつ大切に読んでいってくださいね。

南京錠に意味はない!?

郵便ポストや自宅の門扉、あるいは自転車のロックなどにダイヤルロック式の南京錠を使っている人は意外と多いかもしれません。

ダイヤルロック式の南京錠は、別に鍵を持つ必要もなく、暗証番号さえ覚えておけば簡単に鍵をかけることができるのでとても便利なもの。
さらに、価格も手ごろであることが多く、さまざまなサイズやデザインのものを選ぶことができるのも嬉しいところ。

そんな便利さから南京錠を愛用している人は多いかもしれませんが、鍵としての南京錠の性能は、じつはとても弱いものであるのです。

鍵というのは、それを閉めた自分以外の人間が開けられるようでは意味がありません。
ダイヤルロック式の南京錠であれば、暗証番号を知っている自分以外は開けることができないようでなければ、鍵としての意味をなさないでしょう。

ところが、このダイヤルロック式の南京錠というのは、意外なほどに簡単に開けることができてしまうのです。ダイヤルロック式の南京錠は、いくつかの数字のダイヤルが付いており、それを組み合わせた暗証番号でロックや解錠をする仕組みになっています。
この番号は、あらかじめ定められているケースと、購入後に自分で設定できるケースがありますが、いずれにしてもこの番号が南京錠のすべてともいえるでしょう。

それにも関わらず、この番号が簡単に解読できてしまうというのです。
南京錠の輪の部分を上に引っ張りながら、数字のダイヤルを回していくと、設定してある数字のところだけ感触が違うのだそう。
他の部分ではダイヤルが固くて回しにくいのに対して、設定してある場所では急に軽くなるのだとか。
つまり、南京錠というのは、簡単に開けることができてしまうものなのです。

ダイヤルロック式ではない、鍵を使うタイプの南京錠も、同じようにあまり頑丈なものではないようです。
針金などを使って鍵穴の中を操作すれば簡単に開いてしまい、こちらも鍵としての安心度は低いとのこと。

つまり、本当に大切なものにはこれらの鍵を使うことは賢い選択ではないのです。
きちんとロックしたい場所には、やはり、お金をかけてきちんとした鍵をつけるのが得策でしょう。
また、郵便ポストなどの場合には、こまめに郵便物を取り出して中を見られるリスクを下げるなどの対策も必要です。

Comments are closed.