information

はじめまして!
当「合鍵物語」は、合鍵にまつわるたくさんの特別な思い出を集めたサイトです。
両親共働きで鍵っ子だった思い出、彼から初めてもらった鍵、などなど!とっておきのエピソードがいっぱい。
合鍵は複製できても、思い出は複製できないのです。ぜひ一話ずつ大切に読んでいってくださいね。

鍵につける鈴

鍵をなくさないようにする方方法として、子どもならひもをつけて首からぶら下げること、大人ならキーホルダーや伸縮性のひものついたホルダーに取り付けるといった方法が一般的
ではないかと思います。
しかし、このような対策をとっていても、ポケットのない大きなバッグの中では迷子になってしまうことがありますよね。
そのような場合の対策としておすすめなのが、鈴のついたキーホルダーを使うこと。
キーホルダーの中には、小さな鈴のついたものが多くありますが、行方不明防止に使うのであれば少し大きめのものがおすすめ。
小さな鈴ではカバンの中で音が聞こえず、結局鍵が行方不明になってしまいますが、鈴を少し大きめのものにすればカバンを軽く振ったり、かき回してみればどこに鍵があるのかがすぐに分かります。
本当はそのようなことをしなくてもすぐに鍵などの必要なものは取り出すことができるように整理しておくことが必要なのですが、どうしてもそれができないという人もいるでしょう。

ところが、いざ探してみると大きな鈴のついたキーホルダーというのは意外と見つからないもの。
そんなときに足を運んでみて欲しいのが100円ショップ。
100円ショップには、普通の雑貨店などちょっとおしゃれなショップでは扱っていないようなものが見つかることが多いのです。
また、手芸コーナーで売っているキーホルダー用の金具や鈴を組み合わせてオリジナルのものを作るのも良いでしょう。
そのほかには、お土産として売られているキーホルダーにも意外と大きな鈴がついているもの。
そのようなものは多くの場合、「ださい」と敬遠されがち。
しかし、鍵を見つけやすくするという実用面においてはとても有効なのです。

鈴を使う以外の方法で紛失を防ぐのであれば、キーケースもおすすめ。
サイズが大きいので行方不明になることはまずありません。
また、最近はセンサーがついていて、一定の距離が開くことでアラームが鳴る機能がついたキーホルダーも発売されています。
これは、発信器を鍵につけ、受信機を自分がつねに持ち歩きます。
そして5メートルなど指定された距離ができたときに受信機がアラームを鳴らし、そのことを知らせるという仕組み。
また、リモコンのボタンを押すと音の鳴るキーホルダーというのもありますよ。
こちらは1つのリモコンで4つのものを管理できるので、携帯や財布なども同時に管理できます。
どんどん便利になりますね。

Comments are closed.