information

はじめまして!
当「合鍵物語」は、合鍵にまつわるたくさんの特別な思い出を集めたサイトです。
両親共働きで鍵っ子だった思い出、彼から初めてもらった鍵、などなど!とっておきのエピソードがいっぱい。
合鍵は複製できても、思い出は複製できないのです。ぜひ一話ずつ大切に読んでいってくださいね。

Archive for the ‘合鍵の扱い’ Category

合鍵を渡すときは慎重に 子供編

合鍵はお子様の紛失率が高い

親御さんが共働きで夜まで家におらず、お子様に合鍵を預けているというご家庭も少なくありません。
ですが、お子様はまだまだ人生経験が浅く、ふとした拍子にカギを落としてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

普段から合鍵を持たせている子でも、遊んでいる際に夢中になって、ポケットやランドセルから落として紛失するということは少なくないでしょう。
お子様はついつうふとしたタイミングで抜けてしまうところがありますので、親御さんが事前に対策を行わないと、鍵が無くなって、お子様も家に入ることが出来ません。

親御さんとも連絡が取れず、外で待ちぼうけを食う他無くなってしまう場合や、落とした鍵を泥棒に取られて、空き巣や強盗に押し入られることも多いため、注意しましょう。

紛失をしないように事前に親御さんが対策をする

大人とは違い、お子さんに注意をしろと言っても、少々難しい話でしょう。
ある程度まで注意をすることは出来ますが、楽しくなるとついつい夢中になって我を忘れてしまうのが、子供の良いところなのです。
その為、そうなってしまっても大丈夫なように、親御さんが対策をしておく必要があるでしょう。

鍵はポケットやランドセルに入れておくだけではなく、キーチェーンなどをつけて、ベルトの穴や、ランドセルのチェーンに通すことが大切です。
そうした上で、鍵がむき出しにならないように、しっかりとランドセルの奥底にしまったり、ポケットから出さないようにさせてあげましょう。

キーチェーンは、丈夫で簡単には外れないものがおすすめです。
簡易的な作りのものですと、何かの拍子で外れてしまい、鍵ごと紛失をしてしまう恐れがあります。

持ち運びをさせない合鍵の対策

また、合鍵を紛失させるのが怖いという場合は、鍵を持たせない対策をすることもおすすめです。

家にある鍵付きのポストの中にカギをそっと入れておいて、お子さんに、鍵の番号を教えておくという方法が、良く行われるでしょう。
鍵を回収する際には、周りに人がいないかどうかをよく確認させてから、開けさせることが大切です。

また、鍵を隣人に預けて置き、帰ってきたら隣人の家に行くようにお子さんに伝えるという方法もあるでしょう。
ただ、この方法は隣人の方にご迷惑をおかけしてしまいますので、急きょその日だけ鍵を持たせないといけなくなったという場合など、期間限定で行うようにしましょう。

このように、鍵を持ち歩かせないことで、紛失の心配なく、確実に家に入ることが出来るようになります。
こちらの方法の場合も、家に親がいないということは学校で言いふらさないように、お子さんに事前に伝えておきましょう。