information

はじめまして!
当「合鍵物語」は、合鍵にまつわるたくさんの特別な思い出を集めたサイトです。
両親共働きで鍵っ子だった思い出、彼から初めてもらった鍵、などなど!とっておきのエピソードがいっぱい。
合鍵は複製できても、思い出は複製できないのです。ぜひ一話ずつ大切に読んでいってくださいね。

Archive for the ‘合鍵のトラブル’ Category

容易に鍵が複製される?

知らないうちに合鍵を作られて勝手に侵入されることも!

合鍵を人に渡したこともなく、鍵を紛失したこともないのに、いつの間にか合鍵を作られ、自宅に侵入をされてしまったというケースは少なくありません。
実は、鍵本体を持っていなくても、合鍵を作ることは可能なのです。

その理由は、鍵製造会社と鍵番号。
鍵にはそれぞれ、鍵番号と呼ばれる番号が割り振られており、万が一鍵を紛失した際にも、製造会社に依頼をすれば、鍵番号に合わせた鍵を、再度作ることが可能です。
この依頼をする際に、本人確認をするということはなく、鍵番号と鍵の製造会社さえ分かってしまえば、誰でも簡単に、合鍵を手に入れることが出来てしまうでしょう。
鍵番号と製造会社は鍵本体に記入されていることが多いため、ちょっとカギを見せてもらえれば、合鍵作成のデータを手に入れられてしまいます。

実はこの方法で合鍵を作る業者を装った泥棒も多く、手元にデータが残っているため、空き巣に入る際に重宝しているという泥棒も多いのです。
大事な家を守るためにも、合鍵を作らせない工夫をする必要があるでしょう。

合鍵作成時に暗証番号を必要にするシステムで、合鍵製造を阻止

合鍵を作ってもらう際には、鍵番号と製造会社が必要になりますが、その他に、暗証番号を伝えないと、作ることが出来ないシステムも導入されています。
暗証番号システムを導入することで、万が一鍵番号と製造会社がばれてしまっても、むやみに合鍵を作ることが出来なくなるでしょう。

また、暗証番号だけではなく、鍵番号をカギに載せず、別のカードに載せるようにした対策も行われています。
鍵だけを見られても、合鍵に必要な情報を手に入れることが出来ず、諦めて別のターゲットを狙うという泥棒は少なくないようです。

更に、鍵の情報が見知らぬ人にばれない様に、普段はコピーキーを持ち歩く、キーケースに入れて情報を見えないようにするということも一つの方法になります。
キーケースに入れて情報をシャットアウトすることで、一瞬鍵を見せただけでは、何も情報を読み取ることが出来ず、合鍵複製をすることは出来ないでしょう。

ナンバーキーの導入も検討して

鍵はどんなタイプでも、合鍵を作ることが出来るわけではありません。
鍵穴に入れるタイプの鍵は、ほとんどの場合合鍵が作製可能ですが、暗証番号を入力するナンバーキーや、リモコンキーなどの場合は、複製が出来ないでしょう。

ナンバーキーは初期費用が他の鍵に比べるとお高目なものの、その分高いセキュリティ効果を得ることが出来る鍵です。
間違いなく複製キーを作らせたくないという場合は、カギそのものを交換してしまうという方法もおすすめでしょう。